車酔いもしないでドライブできるプリウス|プリウスの新車を圧倒的に安く買うマル秘テクを元営業マンが教えます!

酷い車酔いの私も酔わずにドライブを楽しめました

家族旅行なのに憂鬱な私は車酔しやすいタイプです

2年前に家族、親戚で旅行に行った時の話です。北海道の旭川から札幌まで1泊2日の小旅行。2台の車(1台は軽四駆、もう1台はプリウス)で分かれて行きました。

 

それぞれ大人になりバラバラの地で生活している家族、親戚が久しぶりに顔を合わせ、皆これから楽しい旅行が待っている期待で心が浮かれている中、私は走り出した車内の中で片道約3時間の移動に軽い憂鬱を覚えていました。なぜなら私はすぐ車酔いをしてしまうほど車の移動に弱かったからです。しかしこの後、そんな私に2つの驚きが待っていました。

 

プリウスの驚き 静かさと揺れない事

車が走り出して30分、ふと後部座席の会話がものすごく聞き取りやすいことに気づきました。当時、私は初めてプリウスという車に乗ったのですが、プリウスの走行時の音が驚くほど静かだったのです。車で遠出をする際、車の走行音や車内の音で会話が聞き取りづらい場面が多々あると思います。しかしそんなことを感じさせないぐらいの音の静かさ。そんなことを想像すらしていなかった私にはちょっとした驚きでした。

 

そしてもうひとつ驚いたのが走行時の揺れが少ないことです。停車時、発進時共に驚くほど揺れない。その時運転していた運転者のドライビングテクニックを過去に何度も経験している私はすぐに『この揺れの少なさの要因は、間違いなく車だ!』と思いました。
(前記した音の静かさと相まって余計にそう感じたのかもしれません。)

 

車酔いをよくする私が車酔いに悩まされず、行きも帰りも車内で楽しい会話を続けられたのは言うまでもありません。

 

プリウスに対する興味と環境意識

『考えられているのは環境のことだけじゃないのかもしれない。次世代の車ってすごいなぁ。』あまり車に関心の少ない私が初めて車に興味を持った瞬間でした。

 

この旅行とプリウスが私の車に対する価値観を変え、そして環境問題に対する意識も変えてくれました。今までは『環境問題など遠い未来。自分には関係無い。』そう思っていましたが、環境に配慮するということは周りの人や自分、そしていずれ生まれてくるであろう自分の子供にも返ってくるということを知りました。

 

少し大げさかもしれませんが【すべては繋がっている。】今ではそう思っています。この先の未来を担う子供達の為に少しでもより良い環境を残したい。その為にどんな些細なことでも自分に何かできることは無いか?その数ある選択肢の中のひとつにプリウスがあると思います。もし私が将来、車を購入する際はプリウスのような環境や人に対して配慮した車を購入したいと思います。